2019年04月22日

四国横断自動車道

DSC04746.JPG

平成31年度開通予定の四国横断自動車道(徳島JCT〜徳島東IC)に引き続き、平成32年度に津田IC〜徳島東ICが開通する見通しだそうだ。これにより、徳島県がとくしま回帰先進地として再生させ、地方創生の起爆剤として期待する津田木材団地と、高速道路が接続することになる。開通により期待される効果は、まず企業立地の促進による地域経済の活性化である。そして移動時間の短縮・定時性の確保と災害時の迅速な救援・復旧活動なども充実することは間違いない。もうすぐ大型連休であるが、開通によって渋滞緩和を待ち望む県民も多いはずだ。
posted by 徳工 at 00:00 | diary
pict-DSC04616.jpg

昨年に続き今年も初日の出でだるま朝日が登場した。
だるま朝日が見える条件は、冷え込みがきつく海水温と気温の差が大きいことと、水平線の先まで海面付近が晴れていることらしい。簡単にあげるとその二つだけだが、案外すぐ見えそうだが、この条件が揃って実際に見ることができるのは1シーズンに5日もないと言われているそうだ。今年の干支は亥です。亥は猪突猛進という言葉で知られる猪のことだが、何事にも勇気を持って熱心に物事に、取り組まなければならない事だと思います。だるま朝日に遭遇できるだけで、とても縁起のいいもので、それを見る者に、幸運をもたらすといわれるが、昨年はあったかなぁ〜。と思いつつも今年を希望に溢れる一年となるように猪突猛進!頑張るしかない!
posted by 徳工 at 00:00 | diary

2018年11月30日

手帳

DSC04584.JPG

明日から師走月です。この頃になると私は来年の手帳を準備する。手帳を持つようになったのはいつ頃からだっただろうか。机の中にしまい込んでいた手帳を見ると2006年から現存していた。私はスケジュール管理に関してはアナログ派で、今使用しているのは、博文館新社製で、2011年より愛用している。さっと開いていろいろ書き込め、断然使いやすく、毎年この手帳を探しに書店に行くと師走だなぁ〜と感じる。過去の手帳を見ては思い出したり、注意することが青のボールペンで記載されていたりする。

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」という有名な言葉がある。自分が影響を及ぼすことができるのは自分だけで、自分を変えることで未来を変えることができるということだそうだ。逆に言えば現在の自分の状況は、他人や過去(環境)の事ではなく自分が作り出したという意味でもある。要するに現在の自分を変えたいのなら、変えたい自分は自分に原因があるのだから、自分を変えることで、その状況を変えていくことができる。会社も同じだと思う。

現在の会社の状況は、他社や過去の業績ではなく、我々の現在の紛れもない実績である。要するに現在の会社を変えたいのなら、我々が変化することで、その状況を変えていくことができる。会社の業績が良いときはいつも社員の皆様のおかげと考え、そうでない時はすべて自分に原因があると考えねばならない。

手帳に書かれた青字色の注意書きを見るたび、その心配が的中している事例がたくさんある事に気付く。その時決めておけばと後悔することもあり、やはり決断しなければ何も生まれない。それに勝算がなくても・・・である。
posted by 徳工 at 09:21 | diary