2020年03月03日

新型コロナウィルス

DSC04932.JPG

マリンピア沖洲を昼休みにウォーキングしていると、建設中の吉野川大橋(仮称)が見えてきた。弊社社屋がこのマリンピアに移転して25年が経つのだが、誰がこんな立派な橋ができると予想しただろう。世間では新型コロナウィルスが猛威を振るっている。感染力が強く、いつ突然変異するかわからない不気味な存在である。しかし今やテレビの報道を見ていると、新型コロナウイルスがもたらす脅威は、人間の体を襲ったり、経済に影響を及ぼすだけではなく、生活環境や人間関係を汚染していることである。確かに旅館・ホテルはキャンセルが相次ぎ損害額は30億に上るらしいが、問題はそれだけではない。車内で咳をしただけで怒号が飛び、ドラッグストアの前ではマスク購入を巡る取っ組み合いのけんかが起きている。電車の中で咳をしたら、殺されそうな目で見られるそうだ。未知なるものに不安を感じるのは当然であるが、緊急事態が起こる度に、法律や制度を整備しても、人の心をコントロールする事は大変だ。こんな素晴らしい橋が出来る技術を持つ人間なのだから、過去に学び、今を考え、明日からでも少々落ち着きを取り戻したいものである。
posted by 徳工 at 00:00 | diary