pict-DSC02959.jpg

今週初めに西日本では大雨による土砂災害や 河川の氾濫に厳重警戒を呼びかけられ、四国でも非常に激しい雨に注意が必要な中であったが、日頃の行いがよかったのでしょう!?無事に鳴門CCにて弊社ゴルフコンペが盛大にそしてまた有意義な開催となった。しかし年に1回の開催なので不手際等多々あるのは必須でもあり、今回14組つまり56人もの弊社関係者(下手な方でも好きな方たちで構成される)が集まり、無事に?ホールアウトできるのか心配であったが、落とし穴は表彰式にやってきました。表彰式では皆様には大変なご迷惑と失礼がございましたこと、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。また皆様から多くの温かい募金をお寄せいただきました事、重ね重ねお礼を申し上げます。当日はザ・プレミアムモルツ杯が開催されており、こちらのほうも我がゴルフコンペ関係者が多数入賞されました。皆様とともに楽しいひとときを過ごさせてもらい、徳工関係者を代表しましてお礼申し上げます。
posted by 徳工 at 00:00 | event
DSC_7816.JPG

今年も“平成28年度バルカー販売店トップ懇談会”が日本工業倶楽部で開催された。この日本工業倶楽部は大正9年11月に、地上5階、鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造の会館が、現在の丸の内に完成したらしい。第一部では午後14時よりバルカー社長の挨拶があったが、まさにその時間、英国のEU離脱が大勢判明した時間でもあった。 英国民投票によって決められたものだから仕方ないとは言え、円高は進み、さらに原油安や中国経済の不振が続くようなら、リスク回避のため、市場の資金はさらに円に流れ、一層円高が進むと予想される。そうなれば、製造業・輸出企業への逆風は強まり、製造業と関係のある我々にはデメリットが大きい。と、動揺されていたようであった。そのため経費削減、海外での生産・販売拠点の拡大の強化を検討する必要性が一層強くなった。とも言われていた。第二部では稲葉なおと氏による講演会があったが、実は彼はB‘zのボーカリスト“稲葉浩二”の従妹だそうで、一級建築士でもある。その彼がこの建物の設計者は横河民輔、松井貴太郎らで、彼の尊敬する建築士だそうだ。講演の中で、この工業倶楽部会館は、第一次世界大戦による工業の発展、昭和初期の大恐慌、戦争、敗戦、復興、経済成長を通じて常に経済界の大きなドラマの舞台であって、財界の記念碑的な存在であったことを強調されていた。第三部の懇談会では大ホールに場所を移し懇談の途中ではプロによる社交ダンスが催された。
posted by 徳工 at 00:00 | event
pict-tokuko-golfcompe.jpg

日頃から弊社を支えてくださっているお客様、メーカー・商社の方々、協力会社の方々、そして先輩の方々、ご多忙にもかかわらず参加していただき、誠にありがとうございました。当日は快晴とはいきませんでしたが、風も全くなく、スコアアップに最高の天候となりました。皆様におきましては、精一杯プレーを存分に楽しんでくれたと思います。日頃から助けあい協力し合っている仕事仲間の集まりですが、上司・ライバル達に気を遣い、優勝を明け渡すような事がないのが弊社のゴルフコンペです。そんな中、最近成長著しい粟谷さん(右から4番目)が予想通りぶっちぎりで優勝しました。プレッシャーのかかる中、素晴らしいプレーに敬意を表したいと思います。年一回の開催なので不手際等多々ありますが、今後も皆様と共に楽しんで参りたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

また今回競技委員達で検討したのですが、ハンディキャップ改正について決定したことを連絡いたします。

1) 新人会員については自己申告あるいはダブルぺリア結果とする。
2) 年一回の開催なので著しく成長した人は自己申告あるいは協議の上ハンディアップすることがあるが、著しく腕の落ちた人は練習するものとする。
3) コンペ結果による変更
@ 優勝者・・・30% 準優勝者・・・20% 3位・・・10%をアップする。
A アンダーが出た場合はその50%をアップする。
B 上記を個別に計算し合計後の端数を切り上げる。

以上の様になり次回HCが決定されました。
posted by 徳工 at 00:00 | event